ご理解とは

庄屋などが目下の者を訓戒するのを理解といっていた。金光大神は、天地金乃神の働きの理を説き、人がそれを了解して信心を進め、神と人とのあいよかけよの関係を深めるよう促す教えを理解と呼んだ。理解は、一定の教説や方式に基づかず、その時、その人の願いに応じて施すものであるとした(2白二1)。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ